squat_method

健康運動指導士による健康生活入門

「学校へもどるんですか?」

12月6日(水)

帰りの会前。

Bくんは、校外での販売グループの一員です。

 

「明日(7日)は学校へもどるんですか?」

 

7日は前日準備のため公共交通機関(バス)を使用して会場まで移動する。

 

展示会場へ午後から出発し、公共交通機関で出かけます。

 

展示会場は16時前日準備終了、現地解散です。

そこから、自分がどうやって自宅まで帰るのか理解していない様子でした。

 

「家でお母さんに聞いてみ?」

不安げな表情をするB。

 

同僚の女性教諭:「プリントが渡されているはずです」

 

私:「プリントが渡されていても、本人が理解していない。」

  「本人の問題じゃなく、渡す側の問題」

  「渡しても、本人が理解していなければ、意味がない!」

   強い口調で反論した。

 

まわりが、凍り付く。

同僚の男性、Bくんの連絡帳から「連絡プリント」発見しました。

確認すると、

 

「保護者迎え。」となっています。

 

 

私、「お母さんが迎えにくる」とBくんに伝えました。

 

「保護者迎え」という語句が彼には理解しずらい言葉だったのだと思う。
 

それに、漢字ばかり並んだ、「大人用の文章」の羅列。

Bくんに理解させるには、難解な文章だ。

そのことを、教師側が理解していない典型ケースだった。